ナンセンスがセールに関係なしの安さ |

ほとんどが1970〜80年代の古い作品です。何点かは以前読んだことがある話でしたが!ほとんどは初めて読む話。未収録作品に金が出せるオジサンか!ナンセンス物をあまり読んだ事が無い若手のファン向けかと思います。

コスパ最強と噂の♪

2017年10月02日 ランキング上位商品↑

ナンセンス諸星大二郎ナンセンスギャグ漫画集((珍)の巻) [ 諸星大二郎 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

面白かったですよ!諸星先生の本はなかなか出ないので貴重です。「???」と思うようなお話もありますが!これらを経て今の作風があるのかと興味深く思いました。諸星作品が好きなので購入しました。私は前者ですが。特に気に入ったのが猫六先生執筆録でした。怒々山博士シリーズと、最近の猫の擬人化された話が中心でしょう。ただし!最後の方の二編は古く!特に最後の一編は「習作」という感じがモロに出ていて!諸星大二郎の原点に近い作品と感じました。シリアスな作品中でも時折垣間見えたユーモラスな部分が顕著に表れていますので!そういう部分も好きな方にはお勧めします。こちらの巻には怒々山博士シリーズがまとまっています。諸星先生のファンならお勧めです。単行本初収録のものもあるので諸星ファンは買っても損はない(かも)です。単行本未収録の物も混じっています。相変わらず、独特のセンスで、おもしろい!!久しぶりに諸星先生の作品を読みたくて購入しました。栞と紙魚子シリーズに通じる妙な面白さがありました。ファン歴の長い方はだいたいの作品を持っていると思います。今回、他の作品も購入したので暫く楽しめそうです。入門編としては・・・恐らく不向きです。私が好きな作家!諸星大二郎の短編集です。過去の単行本の寄せ集めがほとんどなので!昔の単行本は持っていない!という方は買って損はないでしょう。個人的には稗田礼二郎系の異界ものや!ギャグ系でも栞と紙魚子シリーズのほうが好きです。ローラン・トポール風のナンセンスギャグがまとまりました。意外とアニメにすると面白いかもしれません。最後にユリイカで先に掲載されてしまった、筆者がまだ、デビュー前の投稿で佳作をもらい掲載された作品や、未完結のデビュー前の習作のような作品も有ります。妙の巻はすべて読んだことのある作品ばかりだったけれど!こっちは読んだことの無い作品もあって!買ってよかったです。そうでない方にはあまりお勧めできないかも。。「妙の巻」と「珍の巻」の同時発売ですが、この「珍の巻」は比較的過去の単行本にちょこちょこと載っていた物をまとめたものが多く、初めて読んだ物が少ないという感じでした。妖猿伝などのシリアスなホラーやSF作品とは違う一面が見られる諸星氏の短編集です。懐かしい作品もあり嬉しかったです。脱力系なネタ!しょうもないダジャレでぐいぐい押してくるので!合わない方にはさっぱりでしょうが!ナンセンスな諸星も好きだよ!という方にはオススメです。やっぱり面白いですね。ギャグ?と思いましたが買って良かったです。